太ってることによる世間の目

体型に対する社会の目と中高年男性のダイエット

時代と共に変化していく体型に対する社会の目

 

昔は、多少太っているようなポッチャリ体型も「男の貫録」として、社会に受け入れられていたようなイメージがありました。

 

むしろ、痩せている男は貧相で頼りないようなイメージすらあったかもしれません。

 

ですが、現代ではどうですか?

 

時代の変化と共に、体型に対する社会の目はどんどん変化しています。

 

「痩せていることは健康的で美しく、太っていると自己管理ができておらず醜い。」

 

このイメージは、この先益々強くなっていくことでしょう。

 

日本は高齢化社会が加速していき、健康が大切だという価値基準は年々強くなっていくことは明白ですから。

 

時代がこう変化してくると、太っていることが昇進や就職にまで影響が出てこないとも言えないでしょう。

 

実際、欧米では「太っているというのは、自己管理ができていないということ。そんな人間に、部下や仕事の管理ができるとは思えない。」というレッテルが貼られてしまい、出世ができないという話はあまりに有名ですね。

 

日本もそんな状況に、近づきつつあるのかもしれません。

 

中高年男性のダイエットはさらに難しい

 

戦後の貧しかった日本。

 

体型に対する社会の目と中高年男性のダイエット

 

食料が乏しい時代を生き抜いてきた中高年男性にとって、食生活の改善は若い人よりも大変かもしれません。

 

「美味しい物には価値があり、たくさん食べれば元気になれる!」

 

「お米を一粒でも残してはならない!」

 

そういったことを子供時代の教育で、教えられている方も多いのではないでしょうか?

 

貧しかった時代から一変して、飽食の現代日本。

 

食に関する考え方や食べ方を変えねば、過食や偏食になりやすいのも当然と言えるかもしれません。

 

最もダイエットが必要な中高年こそ、最もダイエット失敗が多いと言われており、この世代の方こそ真剣にダイエットを考えねばならないのかもしれませんね。

 

続き:サラリーマンは外食がダイエットの鍵になる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

体型に対する社会の目と中高年男性のダイエット関連ページ

男性には不利なことが多いダイエット
実は、男性にとってダイエットをする状況は不利なことが多いのです。
サラリーマンは外食がダイエットの鍵になる
サラリーマンの方のダイエットの鍵を握るのは、外食メニューと言っても過言ではないかもしれません。