更年期に痩せたい

閉経で女性ホルモン低下の更年期 健康維持のためにダイエットを

更年期は内臓脂肪が増加して脳卒中リスクも高まってしまう

 

更年期に差し掛かると、どうしてもホルモンバラスが崩れてしまいます。

 

更年期以降は、内臓脂肪を減少させるエストロゲンの分泌が低下してくるため、皮下脂肪だけでなく内臓脂肪まで蓄積しやすい身体になってしまうのです。

 

それだけではありません。

 

女性ホルモンというのは、血中の悪玉コレステロール(LDKコレステロール)を減らす働きもあるのです。

 

閉経後は、悪玉コレステロールも増加しやすく、このときに太っていると高血糖に高血圧になり、心筋梗塞や脳卒中を招きやすい状態になるのです。

 

太りやすい閉経後だからこそダイエットも必要になる

 

更年期以降こそ、健康維持のために体重のコントロールが必要になってきます。

 

そして、今までは内臓脂肪が溜まりやすいなどのデメリットをお伝えしましたが、メリットもあるのですよ。

 

それは、ホルモンの影響を受けにくくなるので、「痩せやすい時期」や「太りやすい時期」などがなくなり、深く考えなくても努力の結果が出やすくなるという一面もあるのです。

 

美容目的のダイエットから健康のための体重コントロールへ

 

引き締まった体型を手に入れることや、体重という数字を落とすことを目的にしていた今までのダイエットではなく、更年期以降は自分の生涯の健康を見据えた体重コントロールこそが必要になってくるのかもしれません。

 

閉経で女性ホルモン低下の更年期 健康維持のためにダイエットを

 

目指せ、笑顔の多い健康人生(^^)/

 

また、ホルモンバランスを整えるのは良質の油です。

 

こちらの記事も参考になるかと思います→良い油と油い油を知ってダイエット

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

女性ホルモンが低下する更年期こそダイエット関連ページ

女性のダイエットは共感脳と友達付き合いがネック
女性の脳の特性を理解した上でのダイエットを考えてみましょう。共感脳と友達付き合いがネック。
甘いものが大好きな女性の理由と空腹感を抑えるダイエット
甘いものが大好きな女性の脳。その理由を解明し、食欲や空腹感を抑えるダイエットをしちゃいましょう。
女性の痩せやすい時期とは
女性には痩せやすい時期があったのです。体重の増減には、プロゲステロンやエストロゲンというホルモンが関係していたのです。