痩せるタイミングを知ってダイエットしよう

女性の痩せやすい時期 プロゲステロンとエストロゲンでダイエット失敗を回避

「私には、痩せやすい時期と太りやすい時期がある気がする・・・これは気のせいかな?」

 

そんな疑問を持ったあなた、それは気のせいではないかもしれません。

 

体重の増減のしやすさはホルモンのしわざだった

 

実は、女性にはダイエットに向く期間と、向かない期間があります。

 

出産や妊娠をする女性は、エストロゲンとプロゲステロンというホルモンを分泌しています。

 

生理周期で言えば、月経後から排卵までの期間はエストロゲンが多く分泌されます。

 

そして、排卵から次の月経までは、プロゲステロンが多く分泌される期間です。

 

それぞれ、およそ10日間の分泌。

 

エストロゲン期は、内臓脂肪を始め脂肪が減りやすく、有酸素運動の効果も出やすいのです。

 

またエストロゲンはウエストのくびれとも関係しているホルモンで、この時期のトレーニングは、より女性的であり異性から見て魅力的な身体作りに適していると言えるかもしれません。

 

女性の痩せやすい時期 プロゲステロンとエストロゲンでダイエット失敗を回避

 

一方のプロゲステロン期は、皮下脂肪をため込みやすい時期で、太りやすいと言えるのです。

 

ダイエットが失敗しやすいのも、実はこの期間なのですね。

 

攻略のポイント

 

エストロゲン期のやせやすい期間に、運動や食事制限を頑張り、体重を減らすことを目標にします。

 

そして、プロゲステロン期に入ったころは、体重を落とすことを考えずに、現状維持を目標としてみてはいかがでしょう?

 

そうすれば、「ああ、こんなに頑張ったのに、やせてない!」といったストレスから解放されます。

 

大切なのは、「なぜ体重が落ちないのか?」を、ご本人が自覚できることだと思います。

 

それが分かれば、ダイエットの効率化に繋がりますし、失敗が回避でき心も楽ですよね(^^)/

 

また、体重が落ちにくいのを防ぐのには、乳酸菌の記事を合わせて読むと参考になるかもしれません→腸内細菌で体重をコントロール 乳酸菌でダイエット

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

女性の痩せやすい時期とは関連ページ

女性のダイエットは共感脳と友達付き合いがネック
女性の脳の特性を理解した上でのダイエットを考えてみましょう。共感脳と友達付き合いがネック。
甘いものが大好きな女性の理由と空腹感を抑えるダイエット
甘いものが大好きな女性の脳。その理由を解明し、食欲や空腹感を抑えるダイエットをしちゃいましょう。
女性ホルモンが低下する更年期こそダイエット
閉経を迎えて、女性ホルモンが低下してしまう更年期。この時期こそ健康維持のためにもダイエットが必要かもしてません。