一気に痩せようとすると失敗する

短期間で結果を出そうとするダイエットは続かず失敗する

あまりに無視しすぎたダイエットは、必ず破綻してしまいます。

 

というのも、深夜の通販番組なんかでは、

 

「一か月のモニター実験では、平均○○キロ落ちました!」

 

と言ったような、ある意味で誇大広告のようなことが言われていますよね(笑)

 

あれはあれで良いのですが、問題なのはそれを見た方が

 

「ああ、ダイエットって簡単なんだ。たった一か月でこんなに落とせるんだ!」

 

と間違って認識してしまうことだと思います。

 

仮に短期間で痩せた人がいたとして、その人はほぼ確実に短期間で元に戻ってしまうことでしょう。

 

身体には、ホメオスタシス(恒常性維持機能)と言って、現状を維持しようとする働きがあるのです。

 

ですので、あまりに短期間で痩せてしまうと、身体は急いで元の体重に戻そうとしてしまいます。

 

身体に「今が通常の体重だ」と認識させるには、最低3ヶ月の継続期間が必要だと言われており、あまりに急ぎ足のダイエットは効率的とは言えません。

 

つまり、3か月かけて痩せた体を、その先3か月キープしなければ、身体が適応したことにならないということになります。

 

ぜひ、「ダイエット期間」と「維持する期間」を同じだけとってみてください。

 

それこそ、真のダイエットと呼べるのではないでしょうか。

 

そのためには、無理しないことが大前提ですね。

 

失敗する人とリバウンドしやすい人

 

ダイエットが失敗しやすい人と、リバウンドしやすい人の特徴として、「ダイエット成功後は、思いっきり好きな物が食べられる」と思っていることが挙げられます。

 

短期間で結果を出そうとするダイエットは続かず失敗する

 

これでは、すぐに元の体重・・・いいえ、リバウンドして元の体重以上になりかねません。

 

大切なのは、「ダイエット後の体重を無理なく維持できる」ことなのです。

 

急激に痩せると精神的にも肉体的にも、無理がかかりすぎます。

 

肉体は体重と体脂肪が下がり筋肉を残した状態で、精神的にも負担のない状態こそが、まさしくダイエットが成功した状態と言えるのではないでしょうか。

 

そのためには、日常で無理のないことを続け、それを継続的にやり続けることが大切なのですね。

 

「楽をする」というのには、続けられるこをやるという意味が込められているのです(^^)/

 

ぜひ、続けられそうで効果の期待できる食事の改善から目を向けてみてはいかがでしょうか?(食事の改善に関してはこちらの記事をどうぞ→運動よりも食事が大事)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

短期間で結果を出そうとするダイエットは続かず失敗する関連ページ

現状を認識することはダイエットのスタート
ここでは、具体的な超簡単に楽勝出来る、ダイエット方法を紹介します。鏡を見ることと体重計に乗ることを習慣化する。
言い訳しないダイエット 体重が減るたびに喜ぶ減量
あなたは、ダイエットをしない言い訳をしていませんか?逃げを考えずに、体重が減るたびに喜ぶ減量方法に切り替えましょう。
普段の生活をちょこまか動きダイエット
普段の家事をはじめとする生活で、自分がダイエットしていることを意識し、ちょこまかと動くだけで痩せるのです。
リバウンドしないダイエット方法とは
分かっているようでいて、分かっていない。リバウンドしないダイエット方法について。
超簡単!貧乏ゆすりダイエット
超簡単な減量方法、貧乏ゆすりダイエットで効率的に痩せましょう。おすすめです。