貧乏ゆすりで痩せる

おすすめの簡単ダイエット!貧乏ゆすりで痩せてしまおう

貧乏ゆすりというと、「良くない癖」として、イメージは悪いかもしれません・・・

 

でも、この貧乏ゆすりが今、医療の世界で注目を浴びていると言います。

 

 

実は、私はけっこう昔から考えていました。

 

「貧乏ゆすりって、身体に良さそうな気がするな。」

 

と^^

 

というのも、脚を動かすってとても体に良い事なのです。

 

たとえば、脚のむくみに効果的と言われているリンパマッサージ。

 

もともと、人間は筋肉を動かすことでリンパの流れを良くしていました。

 

現代人は脚の筋肉を動かす機会が減り、結果としてマッサージが必要なくらいリンパの流れが滞って、むくみに繋がってしまうように感じます。

 

つまり、脚の筋肉を効率的に動かせば「むくみ解消」や「足痩せ」、「血糖値コントロール」や「脂肪燃焼」を促せる可能性は十分期待できるのです。

 

実験

 

脚の筋肉を動かすという意味で、貧乏ゆすりほど楽なものはありませんので、その効果を試してみました。

 

私は、食後30分経つと、毎日のように10分ほど縄跳びをします。

 

血糖値コントロールが目的なのですが、その縄跳びの代わりに「貧乏ゆすり」を食後30分後に15分間行ってみたのです。

 

15分やるとさすがに、少しだけ「動いた感」がありあすが、運動と比べると遥かに楽ですよ。

 

そして、脚の血行とリンパの流れが良くなるのか、やり終えた後の足が軽くなりました。

 

おすすめの簡単ダイエット!貧乏ゆすりで痩せてしまおう

 

ただ、縄跳びと貧乏ゆすりでは、さすがに運動量が変わってきます。

 

それは、脂肪燃焼や血糖値コントロールにも係ってしまいますので、一つ裏技も使いました。

 

結果、実験開始から3か月経ってみて、体重や血液の数値(グリコアルブミン値)に変化なし。

 

驚くべき結果ではないでしょうか。

 

縄跳び10分と、貧乏ゆすり15分が同じダイエット効果だなんて、もうびっくりです。

 

ただし、先ほども言いましたが、私は裏ワザを使いました。

 

裏ワザとは、食後30分後にこれ→脂肪燃焼と代謝促進系の飲み物を、飲んでいます。

 

脂肪燃焼と代謝促進をサポートしてくれる飲み物なので、貧乏ゆすりがバージョンアップし強力になりました!

 

結果、大成功。

 

縄跳びよりも圧倒的に楽ができますので、これからも続けようと思います。

 

こうなってくると、動画の中でも言われているように、「貧乏」なんて呼び方はもう時代遅れなのかもしれません。

 

時代は21世紀、健康ゆすりという呼び名こそふさわしいのかもしれませんね!(^^)!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

超簡単!貧乏ゆすりダイエット関連ページ

現状を認識することはダイエットのスタート
ここでは、具体的な超簡単に楽勝出来る、ダイエット方法を紹介します。鏡を見ることと体重計に乗ることを習慣化する。
言い訳しないダイエット 体重が減るたびに喜ぶ減量
あなたは、ダイエットをしない言い訳をしていませんか?逃げを考えずに、体重が減るたびに喜ぶ減量方法に切り替えましょう。
普段の生活をちょこまか動きダイエット
普段の家事をはじめとする生活で、自分がダイエットしていることを意識し、ちょこまかと動くだけで痩せるのです。
リバウンドしないダイエット方法とは
分かっているようでいて、分かっていない。リバウンドしないダイエット方法について。
短期間で結果を出そうとするダイエットは続かず失敗する
ダイエットが失敗する方の1つの特徴として、短期間で結果を出そうとし過ぎるのです。すると、ほとんどの場合失敗してしまうのですね、