危険!炭水化物を食べないダイエット

極端な糖質制限ダイエットは危険 炭水化物を完全に抜く食事は良くない

前回は、血糖値コントロールの具体的な食事方法について説明しました。

 

「炭水化物を減らせば、ダイエットになるのか。よし、もう二度と米もパンも甘い物も食べないぞ!」

 

と思われた方、ちょっと待ってください!

 

実は、極端な糖質制限ダイエットは身体にとって良くないのです。

 

極端な糖質制限ダイエットは危険

 

短期的には体重が減るが長期でやるには危険なダイエット
炭水化物を抜いた食事をすると、体重はみるみる落ちていって
「なんだ、ダイエットって楽勝だ!」
と、思うことができるかもしれません。
ですが、それには危険が伴うのです。
当サイトは、楽するダイエットを推奨していますが、あなたが不健康になるようなことは勧められません。
そもそも、糖分というのは、身体や脳にとってとても大切なものなのです。
身体に必要なものを長期的にとらないというのは、どう考えても身体にとって良いはずがありません。
専門家の間では、死に繋がってしまうような大きな病気に関係する危険性も考えられるということで、長期で炭水化物を絶つというのはやはり手放しではおすすめできないようです。
過ぎたるは及ばざるが如し
とはよく言ったものですね。
何事も、やりすぎは良くない。
ほどほどが一番なのかもしれません。
身体にとって必要不可欠な、「水」だって、飲み過ぎればあっという間に死んでしまいます。
これは、糖分だって同じこと。
つまり、炭水化物を適度減らすことがダイエットにおいては重要ですね。

 

では、その「適度」とはいったい?!

 

前回説明させてもらったように、やはり3つのポイントを抑えるのが、最も安全な近道だと思います。

 

1 食べる順番を意識する
2 食後に少し動く
3 サプリメントを上手に利用する

詳しくは→太りにくい食事方法とは

 

ぜひ、安全で健康的に、なおかつ楽して痩せちゃいましょう(^^)/

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

極端な糖質制限は危険である関連ページ

太りにくい食事方法とは
血糖値のコントロールと低インシュリンダイエットについて。太りにくい食事方法についての説明。