血糖値を適度に低く抑えると痩せる

食後の血糖値コントロールこそがダイエットの鍵だった

低インシュリンダイエット、食べる順番ダイエット、低糖質ダイエット、呼び名は違えど、これらはほとんど同じ減量方法です。

 

このページでは、

 

なぜ、血糖値が体重の増減に関係あるのか?

 

なぜ、高血糖だと太るのか?

 

ということについて考えていきましょう。

 

過去、カロリーを気にするダイエットというのが痩せるための王道でしたよね。

 

ですが、割と近年になり血糖値のコントロールこそが、ダイエットの近道であることが分かってきました。(そもそも、これは糖尿病治療から始まったことだと思います)

 

血糖が上がる仕組み
口から胃に運ばれた食べ物は、食事開始直後から30分ほど経った頃から、血中の糖を高め始めます。
食べた物が消化吸収されることで、血糖値が上がるということですね。

 

 

ではなぜ、これが体重増加に繋がるのでしょうか?

 

 

血糖値を急激に上げると糖は体脂肪に変わり太る
糖質系の食べ物、いわゆる炭水化物(米、パン、麺類など)を食べると、体内で消化され、ブドウ糖になります。
それが、血液に乗って全身へと運ばれていくのです。
身体にとっても脳にとっても糖分はとても大事なもの。
ですが、急激な上昇となると身体にも血管にも負担がかかってしまうのです。
ですので、正常な人の場合、急激な糖の上昇を抑えるために、体内ではインスリン(インシュリン)というホルモンが分泌され血糖値は徐々に下降していきます。
このとき、余ったブドウ糖が皮下脂肪として蓄えられてしまうわけです。
また、皮下脂肪だけではなく、中性脂肪が合成されてしまい、内臓脂肪も増加しやすい状態にもなってしまうのです。
一度にたくさんの糖質を摂取すると、血糖値が上がり、結果として太ってしまうというメカニズムなのですね。
つまり、ダイエットはもちろんのこと、糖尿病を予防することや、健康的な体調管理をするという上でも、血糖値を急激に上げないことは、とても大事なことなのです。
血糖値が、緩やかに上昇されていく食生活こそ、楽して痩せることにも繋がっていくわけです。

食後の血糖値コントロールこそがダイエットの鍵

 

では、どんな食事をすれば、具体的に血糖値をコントロール出来るのでしょうか?
続き→太りにくい食事方法とは

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

血糖値のコントロールと低インシュリンダイエット記事一覧

太りにくい食事方法とは

前回は、血糖値を急激に上げないことこそ、ダイエットの近道であることをお話ししました。前回は:血糖値のコントロールと低インシュリンダイエット今回は、もっと掘り下げていきます。太りにくい食事とは血糖値の急激な上昇というのは、空腹時に糖質(炭水化物)をたくさん食べる事で起こります。こういった食事方法は、脂...

≫続きを読む

 

極端な糖質制限は危険である

前回は、血糖値コントロールの具体的な食事方法について説明しました。「炭水化物を減らせば、ダイエットになるのか。よし、もう二度と米もパンも甘い物も食べないぞ!」と思われた方、ちょっと待ってください!実は、極端な糖質制限ダイエットは身体にとって良くないのです。短期的には体重が減るが長期でやるには危険なダ...

≫続きを読む