痩せるホルモンを分泌させよう

オメガ3脂肪酸と痩せホルモンのレプチンで油ダイエット

炭水化物、脂質、たんぱく質の中で、どれが一番太るイメージが強いかといえば、当然のように炭水化物か脂質が1位でしょうね。

 

実は、この脂質の摂り方が、ダイエットにおいては重要になってくるのですよ。

 

油は太るから完全カット、など極端なことをすれば、肌はカサカサ、体調不良、もっと言えば命の危険すらあります。(これは私も経験がありますが、絶対におすすめしません)

 

油というのは、生きる上で必ず必要なものなのですよ。

 

健康的にやせるためには、その摂り方こそが大事なのですね。

 

カットした方が良い油と、積極的に摂って方が良い油があるという事実を、多くの方は知らないのです。

 

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

 

ここで少し油の話をすると。

 

脂質が分解されると、脂肪酸になり、脂肪酸は飽和脂肪酸不飽和脂肪酸に別けることができます。

 

飽和脂肪酸は・・・肉の脂などの常温で塊になっているもののことです。熱を加えたとしても、形はある程度残ります。摂りすぎてしまうと、血栓の原因になると言われており、多く摂りすぎない方が良い脂と言えるでしょう。

 

不飽和脂肪酸は・・・オメガ3、6、9という種類があります。オメガ9は、体内でも合成でき必ず取らねばならない油ではありません。オメガ3、6は必須脂肪酸であり、体内では合成できないので、食事からとらねばなりません。ですが、現状の日本ではオメガ6を摂りすぎていて、オメガ3がほとんど取れていない状態なのですよ。オメガ6は、揚げ物などで我々が普段口にしている油です。一方のオメガ3は、青魚やナッツ類などに含まれる油です。

 

オメガ6過多の食事だと太りやすく、痩せにくい体質になってしまう

 

オメガ6過多の食事だと、体内の炎症促進に繋がり、生活習慣病の原因になると言われています。

 

アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギーの悪化も懸念されています。(実際、私の経験的にもオメガ6を控え、オメガ3を摂取するよう心掛けるとアレルギー体質が改善されました)

 

体内の炎症が進んでしまうと、痩せるために必要なホルモンの受容体に影響が出てしまい、痩せにくい体質になってしまう恐れが出てしまうのです。

 

一方のオメガ3は、炎症を抑える作用が期待されており、現代人が積極的に摂るべき油なのです。

 

この二つの油の理想比は、「4:1」(オメガ6:オメガ3)だと言われているのですが、実際は「1:10」、人によっては「1:50」くらいになるとも言われているのです。

 

体脂肪を燃焼させる痩せホルモンレプチン

 

今まで油について語ってきましたが、なぜオメガ3がダイエットに必要なのかといえば、体脂肪を燃焼させる痩せホルモンの「レプチン」と関係があるからなのです。

 

レプチンというのは脂肪細胞から分泌されるホルモンで、代謝を高める働きが期待できる痩せホルモンなのです。

 

オメガ3脂肪酸と痩せホルモンのレプチンで油ダイエット

 

しかし、オメガ6やトランス脂肪酸などの炎症系油過多の食事をしていると、レプチン分泌に関わる受容体が上手く機能しなくなってしまうのです。

 

結果、レプチンは作用しなくなり、太りやすく、やせにくい体質になってしまうのです。

 

しっかりと、レプチンを働かせるためにはオメガ3を摂取することが大切なのですよ。

 

もちろん、それと同時に動物性の脂やオメガ6やトランス脂肪酸などの油を控えることも大切ですね。

 

私自身の経験上も、オメガ3はかなり効果を実感できるものだと思います。

 

「あの芸能人がお勧めの○○」なんかより、理論上でも経験上でもずっとおすすめできますよ(笑)

 

ぜひ、身体を構成している油についても真剣に考えてみてくださいね(^^)/

 

オメガ3については、こちらの記事にさらに詳しく書いてあります→良い油と油い油を知ってダイエット

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

オメガ3脂肪酸と痩せホルモンのレプチンでダイエット関連ページ

腸内細菌で体重をコントロール 乳酸菌でダイエット
簡単に楽してやせたい方必見、怠け者のためのダイエット方法をご紹介します。腸内細菌で体重をコントロールしよう。乳酸菌でダイエット!
良い油と悪い油を知ってダイエット
簡単に楽してやせたい方必見、怠け者のためのダイエット方法をご紹介します。油には、良いものと悪いものがあります。悪い物を絶って、良い油を取り入れることが大事です。
黒酢で血糖値を下げる 内臓脂肪も落す
黒酢を使って血糖値を下げて、内臓脂肪を落としましょう。簡単楽々ダイエットしよう!
青汁でダイエット
痩せるためには、運動よりも食事が大事なのです。青汁は、食事時に飲めばダイエットに効果的であると考えます。
ラクトフェリンはダイエットに効果的なのか?
ラクトフェリンのサプリメントは、果たしてダイエットに効果的なのでしょうか?
シナモンで血糖値コントロールをしてダイエット
炭水化物を多めに食べるときこそ、シナモンで血糖値コントロールでダイエット。
ダイエット中の不足した栄養素はマルチビタミンを活用する
ダイエット中は食事制限をするため、どうしても栄養が偏りがちに。すると足りない栄養素が出てきてしまいます。そんなときは、マルチビタミンを効果的に使うのも手ですよ。
脂肪燃焼と代謝促進系の飲み物 サプリ
楽して痩せる上で、サプリは欠かせませんね。脂肪燃焼と代謝促進が期待できる飲み物とはいったい?
短期間で痩せる方法 置き換えダイエット
楽して最も短期間で痩せる方法と言えばなんでしょう?それは間違いなく置き換えダイエットだと思います。では、正しい置き換えとは?
筋トレや有酸素運動では痩せにくいダイエットの真実
ダイエットと聞くと筋トレや有酸素運動を連想する方が多いかと思います。ですが、運動では痩せにくいという真実があるのですです。
ダイエットを成功したければ食事に気を配るのが最短コース
ダイエットを成功に導きたければ、運動よりも食事に気を配るのが最短コースなのです。
何を食べたらいいのか?太る食べ物とは?
ここでは、ダイエット中に何を食べたらいいのか、という話をします。一般的にあまり知られていない太る食べ物とはなんでしょうか?
痩せるための食事 ダイエットは何を食べればいいのか
ダイエット中に何を食べればいいのか分からない方も居られるでしょう。ここでは痩せるための食事について説明します。
ダイエット中にラーメンが食べたくなってしまったら
ダイエット中にラーメンなどのジャンクフードが食べたくなってしまったら?
トマトジュースを飲んでダイエット
トマトジュースを飲むだけの簡単なダイエット方法を紹介します。