痩せる食事とは?

痩せるための食事 ダイエットとは何を食べれば良いのか?

前回の「太る食べ物とは?」を読まれた方。

 

「これは食べてはいけない、あれも危険だ・・・そうなると、食べる物なんかないじゃないか!結局何を食べれば痩せるんだ?」

 

そんな声が聞こえてきそうですね(笑)

 

普段、何げなく口に運んでいる食べ物。

 

実は、口にするものってとても大切なのですよ。

 

我々の身体は、半年前に食べたもので構成されている

 

と言われていますが、これはあながち間違いではないと思います。

 

我々の身体は、骨、筋肉や脂肪、血管に内蔵、脳やその他細胞すべて、消化吸収したもので構成されています。

 

形のないと思われている「心」でさえ、食べ物で構成されていることは、うつの治療に食事療法があることからも真実だと言えるでしょう。

 

そんなに大事な食べ物なのに、どれだけの人が「自分が口にするもの」を真剣に考えているのでしょうか。

 

今のあなたの体形や体重は、すべて過去のご自身が食べた物の結果です。

 

この先、未来のご自身の体重や体型を変化させたければ、まず食べ物から見直さなくてはならないこと、ぜひ考えていただけたらな、と思います。

 

ということで、この記事では「何がダイエットに適した食べ物なのか?」ということを掘り下げてみましょう。

 

何を食べるべきか?

 

五大栄養素というのはご存知ですか?

 

炭水化物、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルの5つです。

 

この中で、カロリーがあるのは最初の3つの炭水化物、脂質、たんぱく質だけです。

 

ビタミンやミネラルにカロリーはありません。

 

ですが、このビタミンやミネラルはカロリー(エネルギー)の代謝に大きく関わっているのです。

 

とくに、糖や脂質の代謝に関わるビタミンB群や、同じく糖代謝や体内酵素300種類以上の働きを助けるマグネシウムは、ダイエットの強い味方になってくれます。

 

ビタミンB群は水溶性ビタミンといって、水に溶ける性質があり、体内に蓄えることができず尿や汗となってすぐに排出されてしまいます。

 

ですので、毎日の食事から補わなくてはなりません。

 

不足すると、疲労感や肌荒れ、口内炎などが起きやすくなります。

 

マグネシウムは、日本人が不足しがちな栄養素だと言われており、男女共にほとんどの方が足りていないのが現状です。

 

不足すると、脚がつりやすくなったり、便秘がちになることもあります。

 

そもそも不足しやすいこれらの大事な栄養素。

 

その上、ジャンクフードばかり食べてしまったら、もう目も当てられなくなってしまいますよね。

 

では、ビタミンミネラルはどうやって補えばよいのでしょうか?

 

スーパーやコンビニのサラダはおすすめできない

 

ビタミンやミネラルが豊富で、栄養バランスの良い食事というと、多くの方が「サラダ」を想像するのではないでしょうか?

 

もちろん、緑黄色野菜はビタミンやミネラルが豊富で、バランスは良いです。

 

しかし、コンビニやスーパーでパックとして売られているようなサラダは、キャベツやレタスがメインに作られており、見た目はとても健康そうですが、ビタミンミネラルを十分に摂取できるとは言えません。

 

緑黄色野菜というのは、かぼちゃ、ニンジン、オクラ、シソ、トマト、ピーマン、ブロッコリーなどの野菜です。

 

痩せるための食事 ダイエットとは何を食べれば良いのか?

 

ほら、コンビニサラダに入っていないものばかりでしょう?

 

いつもの食事にサラダを一品足せば、非常に栄養バランスが良くなるようなイメージがありますが、それが出来合いのサラダの場合、健康なのはあくまでもイメージ的なものでしかなく、実際はあまりバランスの良い食事とは言えません。
イメージ的な健康を手に入れて精神的な満足を得ることよりも、本当の意味でバランスの取れた食事を食べなければならないのですね。

 

そのためには、まず正しい知識が必須です。

 

緑黄色野菜以外にも、海藻類やナッツ類などもミネラルが豊富で、マグネシウム摂取源として大活躍してくれる、おすすめの食べ物と言えるでしょう。

 

また、動物性の食べ物でも魚だけは別格におすすめできます。

 

魚には、DHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸と呼ばれる良質の油が含まれており、これもダイエットの強い味方となってくれます。

 

マゴワヤサシイ(孫は優しい)がベストな食事

 

マゴワヤサシイという言葉は聞いたことがありますか?

 

これは実際に、「お孫さんが優しいと感じているお爺ちゃんお婆ちゃん」ということではありません(笑)

 

語呂合わせ的に覚えやすく「孫は優しい」と言っているだけで、中身は全く違うのです。

 

マ・・・豆類
ゴ・・・ゴマやナッツ類など
ワ・・・ワカメなど海藻類
ヤ・・・野菜
サ・・・魚
シ・・・シイタケなどのキノコ類
イ・・・イモ類

 

これぞ、痩せる食べ物の王道であり、ダイエットをする上で最高にバランスの良い食事です。

 

こういったものを意識的に口に運ぶ生活こそ、本当に効果的なダイエットと言えると思います。

 

もちろん、常に完璧な食事などなかなかできるものではありません。

 

普段からなるべく「マゴワヤサシイ」を意識してもらい、どうしても外食でジャンクフードしか食べられないというときは、サプリメントを上手に利用するのも良いでしょう。

 

ビタミンミネラルが不足しそうなときは、マルチビタミンやミネラルを飲むのも良いと思います。

 

マルチビタミンミネラルは、普段の食事がしっかり管理されている方は飲む必要はありません。

 

あくまでも、管理できていない方や、一時的な補助として飲むべきだと思います。(詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください→ダイエット中の不足した栄養素はマルチビタミンを活用する)

 

そして、魚が苦手な方や、その日さなかを食べなかった方はフィッシュオイルを利用するのも賢いと思います。(詳しくはこちらの記事を参考に→良い油と油い油を知ってダイエット)

 

工夫次第で、食事は変えられます。

 

食事を変えれば、体型や体重が変わってきます。

 

世の中に星の数ほどあるダイエット方法。

 

健康的で本当に効果が期待できるものは、食事の正しい改善だけです。

 

ぜひ、ご自身の生活を見直すきっかけにしてみてくださいね(^^)/

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

痩せるための食事 ダイエットは何を食べればいいのか関連ページ

腸内細菌で体重をコントロール 乳酸菌でダイエット
簡単に楽してやせたい方必見、怠け者のためのダイエット方法をご紹介します。腸内細菌で体重をコントロールしよう。乳酸菌でダイエット!
良い油と悪い油を知ってダイエット
簡単に楽してやせたい方必見、怠け者のためのダイエット方法をご紹介します。油には、良いものと悪いものがあります。悪い物を絶って、良い油を取り入れることが大事です。
黒酢で血糖値を下げる 内臓脂肪も落す
黒酢を使って血糖値を下げて、内臓脂肪を落としましょう。簡単楽々ダイエットしよう!
青汁でダイエット
痩せるためには、運動よりも食事が大事なのです。青汁は、食事時に飲めばダイエットに効果的であると考えます。
ラクトフェリンはダイエットに効果的なのか?
ラクトフェリンのサプリメントは、果たしてダイエットに効果的なのでしょうか?
シナモンで血糖値コントロールをしてダイエット
炭水化物を多めに食べるときこそ、シナモンで血糖値コントロールでダイエット。
ダイエット中の不足した栄養素はマルチビタミンを活用する
ダイエット中は食事制限をするため、どうしても栄養が偏りがちに。すると足りない栄養素が出てきてしまいます。そんなときは、マルチビタミンを効果的に使うのも手ですよ。
脂肪燃焼と代謝促進系の飲み物 サプリ
楽して痩せる上で、サプリは欠かせませんね。脂肪燃焼と代謝促進が期待できる飲み物とはいったい?
短期間で痩せる方法 置き換えダイエット
楽して最も短期間で痩せる方法と言えばなんでしょう?それは間違いなく置き換えダイエットだと思います。では、正しい置き換えとは?
筋トレや有酸素運動では痩せにくいダイエットの真実
ダイエットと聞くと筋トレや有酸素運動を連想する方が多いかと思います。ですが、運動では痩せにくいという真実があるのですです。
ダイエットを成功したければ食事に気を配るのが最短コース
ダイエットを成功に導きたければ、運動よりも食事に気を配るのが最短コースなのです。
何を食べたらいいのか?太る食べ物とは?
ここでは、ダイエット中に何を食べたらいいのか、という話をします。一般的にあまり知られていない太る食べ物とはなんでしょうか?
オメガ3脂肪酸と痩せホルモンのレプチンでダイエット
オメガ3脂肪酸と痩せホルモンのレプチンは、ダイエットの強い味方。オメガ6過多の現代人。体内に入れる油について考えてみましょう。
ダイエット中にラーメンが食べたくなってしまったら
ダイエット中にラーメンなどのジャンクフードが食べたくなってしまったら?
トマトジュースを飲んでダイエット
トマトジュースを飲むだけの簡単なダイエット方法を紹介します。