痩せる油と太る油のとり方

良い油「フィッシュオイル」をとって簡単ダイエット

油には、良い油と悪い油がある!

 

あるダイエットジプシー(依存症という意味のスラング)の女性、A子さん。

 

A子さんは、「○○ダイエット」というものが大好きで、つい最近見た「油抜きダイエット」に、ただいま挑戦中。

 

ご飯、サラダ、こんにゃく、など油の入っていないものばかり食べ続けました

 

その結果は・・・・や、痩せてない!

 

そう、楽してダイエットしたければ、実は油は必須だったのです。

 

そもそも、「ダイエット = カロリーを気にする」というのは普通の考えだと思います。

 

油というのは、カロリーの高いものですね。

 

では、カロリーとはいったい何ぞや?

 

カロリーというのは、熱量を表す単位です。

 

と、いうことは?

 

そう、カロリーの高い油は、身体の中で熱を生み出し、脂肪を燃やしやすい状態へと導いてくれるのです。

 

ただし!

 

何でもかんでも、油をとれば良いってものではありません。

 

油には、良いものと悪いものがあるのです。

 

体の中に入れる油は、その種類こそが大事なのです。

 

たとえば、油は常温で個体のものと液体のものに別れます。

 

常温で個体ものものは、飽和脂肪酸と呼ばれます。

 

飽和脂肪酸
バター、肉の脂身、マーガリンなど

 

常温で固まる油は、少量なら身体にとってメリットがあるのですが、大量に取れば悪影響を及ぼす危険性があります。

 

そして、肥満の原因にもなりかねないのです。

 

一方の常温で液体の油を不飽和脂肪酸と呼びます。

 

不飽和脂肪酸
オレイン酸、リノール酸、リノレン酸など

 

常温で液体というと、サラダ油を想像されるのではないでしょうか?

 

サラダ油は、リノール酸に分類されます。

 

リノール酸は、身体にとって必須な油です。

 

ですが、この油は現代人では足りていない人がまずいないと言っていいほど、いろんな食事に使われています。

 

今の日本人は、このリノール酸をとり過ぎと言っても良いほどかもしれません。

 

長くなってしまいましたが、痩せるために摂るべき油というのは、不飽和脂肪酸なのです。

 

その中でも、魚の油に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)です。

 

フィッシュオイルでダイエット

 

どちらも、α-リノレン酸と同じでオメガ3というグループの油。

 

脂肪の燃焼を高めてくれる楽をしたいダイエッターには、有難いものなのです。

 

オメガ3は、一般的な食生活の中では不足しがちもので、積極的にとりたいもの。

 

大昔から人間は、肉ではなく魚を食べていた

 

近年特に、日本人は魚を十分に食べなくなりました。

 

もともと人間というのは太古の昔から魚を好んで食べていたと考えられています。

 

マンモスなどの肉を食べていたようなイメージがあるかもしれませんが、野生の世界で獣の肉を捕るというのは非常に危険な行為で、肉を食べるには多くの人が亡くなりかねないのです。

 

さらに、一つの肉を捕るのに、膨大な時間が費やされます。

 

時間を費やし、危険を冒して肉を捕ったとしても、冷蔵保存のなかった時代はその場で食べることしかできません。

 

保存する手段がないのです。

 

そンな条件下にいた人間は、安全で毎食安定的に動物を食べるために、魚や木の実などを食べていたと考えられています。

 

100万年もの長い間、人間は魚を食べてきましたので、肉ではなく魚を食べるように遺伝子レベルで体が造られてしまっています。

 

ですので、健康的に痩せるために魚というのは必須なのです。

 

ただ実を言うと私自身も、魚よりもどうしても肉の方が好きです(笑)

 

私と同じように魚を毎日食べていない方にこそ、フィッシュオイル(魚の油)のサプリメントを飲むべきなのです。

 

フィッシュオイルの臨床データとして認められている効果は、

 

  • 血液中の中性脂肪を下げる
  • 悪玉コレステロールを下げる
  • 動脈硬化を予防する
  • 高血圧の改善
  • 抗炎症効果
  • ムダな食欲が抑えられる
  • 血栓を防ぐ
  • 記憶力の向上、痴呆症の予防
  • アレルギーやアトピーの予防と改善
  • ムダな食欲が抑えられる

 

などなど。

 

素晴らしいデータがたくさんあります。

 

薬ではないので、副作用がないのもほとんど嬉しいところ。(飲む量は守りましょう)

 

実際に、このオメガ3脂肪酸を飲み続けて、10キロ痩せた人がいるという話です。

 

ただし、フィッシュオイルというのは、とても酸化のしやすい油です。

 

しっかりとしたメーカーの物を選ばないと、身体にとってマイナスなことも十分考えられます。

 

フィッシュオイルは、メリットの多いサプリなのですが、選ぶメーカーによって品質がまったく違ってしまうことがデメリットとして挙げられます。

 

粗悪品を選んでしまうと、水銀やヒ素などの有害ミネラルが混入してしまっていることがあります。(魚の油の部分に有害ミネラルが蓄積されることから)

 

また、粗悪品を選んでしまうと、油そのものが酸化してしまっていることもあるのです。

 

フィッシュオイルは健康的なダイエットに極めて役立つ可能性を大いに秘めているのですが、選ぶサプリメントだけは慎重にならないといけません。

 

私の飲んでいるものは、こちら→美健知箋EPA&DHA

 

歴史ある信頼できるメーカーですし、とても飲みやすく、管理された良質な油だと思います!

 

良い油をとって、簡単ダイエットを成功させましょう☆

 

オメガ3で体重が落ちた

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

良い油と悪い油を知ってダイエット関連ページ

腸内細菌で体重をコントロール 乳酸菌でダイエット
簡単に楽してやせたい方必見、怠け者のためのダイエット方法をご紹介します。腸内細菌で体重をコントロールしよう。乳酸菌でダイエット!
黒酢で血糖値を下げる 内臓脂肪も落す
黒酢を使って血糖値を下げて、内臓脂肪を落としましょう。簡単楽々ダイエットしよう!
青汁でダイエット
痩せるためには、運動よりも食事が大事なのです。青汁は、食事時に飲めばダイエットに効果的であると考えます。
ラクトフェリンはダイエットに効果的なのか?
ラクトフェリンのサプリメントは、果たしてダイエットに効果的なのでしょうか?
シナモンで血糖値コントロールをしてダイエット
炭水化物を多めに食べるときこそ、シナモンで血糖値コントロールでダイエット。
ダイエット中の不足した栄養素はマルチビタミンを活用する
ダイエット中は食事制限をするため、どうしても栄養が偏りがちに。すると足りない栄養素が出てきてしまいます。そんなときは、マルチビタミンを効果的に使うのも手ですよ。
脂肪燃焼と代謝促進系の飲み物 サプリ
楽して痩せる上で、サプリは欠かせませんね。脂肪燃焼と代謝促進が期待できる飲み物とはいったい?
短期間で痩せる方法 置き換えダイエット
楽して最も短期間で痩せる方法と言えばなんでしょう?それは間違いなく置き換えダイエットだと思います。では、正しい置き換えとは?
筋トレや有酸素運動では痩せにくいダイエットの真実
ダイエットと聞くと筋トレや有酸素運動を連想する方が多いかと思います。ですが、運動では痩せにくいという真実があるのですです。
ダイエットを成功したければ食事に気を配るのが最短コース
ダイエットを成功に導きたければ、運動よりも食事に気を配るのが最短コースなのです。
何を食べたらいいのか?太る食べ物とは?
ここでは、ダイエット中に何を食べたらいいのか、という話をします。一般的にあまり知られていない太る食べ物とはなんでしょうか?
痩せるための食事 ダイエットは何を食べればいいのか
ダイエット中に何を食べればいいのか分からない方も居られるでしょう。ここでは痩せるための食事について説明します。
オメガ3脂肪酸と痩せホルモンのレプチンでダイエット
オメガ3脂肪酸と痩せホルモンのレプチンは、ダイエットの強い味方。オメガ6過多の現代人。体内に入れる油について考えてみましょう。
ダイエット中にラーメンが食べたくなってしまったら
ダイエット中にラーメンなどのジャンクフードが食べたくなってしまったら?
トマトジュースを飲んでダイエット
トマトジュースを飲むだけの簡単なダイエット方法を紹介します。