ドカ食いを止めるには?

ストレスのやけ食いやドカ食いとメンタル的なダイエット

ストレスによるヤケ食いにドカ食い。

 

これを避けるためのアプローチとして、二つの道から考えていきましょう。

 

ストレスと上手に付き合う

 

まず、ストレスそのものをどうにかしてしまおう、というものです。

 

実は、人間からストレスを完全になくすことはできません。

 

ストレスというと「対人関係」や「仕事のこと」などを想像する方も多いかもしれませんが、ストレスというのは、例えば気温や寝心地の悪さからも感じるものなのです。

 

一見、ストレスフリーと思われる赤ちゃんですら、ストレスを感じることが少なくないのですよ。

 

ですので、ストレスを失くすというよりも、ストレスと上手く付き合うことを考えた方が賢いですよね。

 

そこで、おすすめの方法は。

 

  • よく笑うこと
  •  

  • やっていて楽しい好きな趣味を見つけること
  •  

  • 1日に必ずリラックスする時間を設けること
  •  

  • しっかり休息をとる

 

ぜひ、これら4つの方法を、今の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

ストレスそのものをなくすことはできませんが、軽くしたり解消することは可能です。

 

さらっと書きましたが、上記の4つはとても効果的な方法ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ヤケ食いやドカ食いを止めるには

 

結論から言いましょう。

 

ずばり、ヤケ食いやドカ食いを止めるためには、買わないことです!

 

極端な例になりますが、戦時中の日本で「今日食べる物がない状態のが人」、どんなに願っても叫んでもドカ食いすることはできませんよね?

 

つまり、とても単純に考えて、目の前に食べる物があるから食べてしまうわけです。

 

食べる物が無ければ、太ることはできません。

 

ですので、当サイトが推奨するドカ食いやヤケ食い防止方法は・・・

 

環境を整える

 

というものです。

 

たとえば、コンビニやスーパーには空腹時には行かない、という癖をつけるだけでジャンクフードを無駄に買うことを予防できます。

 

お腹が空いている状態でスーパーやコンビニに行くからこそ、スナック菓子や菓子パンなどのジャンクフードの誘惑が出てきてしまい、買ってしまうわけです。

 

やけ食いやドカ食いとメンタル的なダイエット

 

また、ご家族と同居している方は、協力をしてもらうことも大事ですね。

 

いくらご自分で太りやすい食べ物を買わないと誓っていても、ご家族が買ってきてしまっては意味が無くなってしまいます。

 

自分で買わない、買い置きもしない、ご家族の協力を得る。

 

これで、痩せるための環境はかなり整うはずですよ。

 

まとめ

 

  1. ストレスと上手に付き合うこと
  2.  

  3. ジャンクフードを買わないなど環境を整えること

 

ぜひ、この二つでメンタル的なダイエットも意識してみてはいかがでしょうか?(^^)/

 

続けて食事の記事もどうぞ→ダイエットは運動よりも食事が大事

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ストレスによるやけ食いとメンタル的なダイエット関連ページ

引き寄せの法則で楽ちんダイエット
ダイエットに最も必要なものは、メンタル(心・精神論)だった?!引き寄せの法則で楽々ダイエットに成功!?
ダイエットは目標・ゴール設定を明確に
ダイエットに最も必要なものは、メンタル(心・精神論)だった?!目標・ゴール設定を明確にすることで、苦痛が快感に変わるかもしれません^^
短期間頑張ることこそが長期に繋がるダイエット
ダイエットに最も必要なものは、メンタル(心・精神論)だった?!短期間頑張ることこそが長期に繋がる減量になる
太っていることが恐怖 摂食障害
ダイエットに最も必要なものは、メンタル(心・精神論)だった?!太った体重が怖い・・・
摂食障害とダイエット
ここでは摂食障害とダイエットについて考えてみましょう。
食べ残すことへの罪悪感を克服したい
「食べ物を粗末にするな」という、しつけの厳しさからか、食事を残すことへの罪悪感。これを克服するには?